女性の薄毛対策 女性の薄毛の原因と治療

女性の薄毛対策 女性の薄毛の原因と治療では、特に女性に関する薄毛に関してのことを案内しています。

女性の薄毛とは

男性の薄毛との違い

男性の薄毛と女性の薄毛では、症状の出方に大きな違いがあります。男性の場合は、一度薄毛が始まると、たいていの場合、しまいにはつるつるになってしまいます。しかし女性の薄毛は毛自体が細くなり地肌が少し透ける感じにはなるものの、つるつるになるほど進行してしまう人はほとんど見ません(病気による脱毛が原因の場合は別ですが)。どうしてこのような違いが出るのでしょうか。

男性の薄毛の原因は、体質によるところが大きいのです。平たく言ってしまえば、男性ホルモンを薄毛の原因となる物質に変換する機能が活発な人がいるのです。男性ホルモンの分泌が多く、かつこの体質を持つ人が男性型の薄毛になりやすい人と言えます。男性ホルモンが薄毛の原因物質に変換されると、原因物質が毛根を壊してしまうため、生えてくる毛は徐々に産毛状になり、最終的には生えなくなります。

女性の場合はメカニズムが違い、女性ホルモンの減少と、間違った生活習慣の両方が大きな原因になります。女性ホルモンは抜け毛を食い止める役割があるため、何らかの理由で分泌が減ると抜け毛が増えます。そして生活習慣はパーマやカラーリングなどの外的要因と、ダイエットなどによる栄養状態の悪化やストレスによるホルモンバランスの崩れという内的要因の両方となって地肌を弱らせ、毛根が健康な毛を作れなくなって毛がやせていきます。女性の場合は、老化に伴う女性ホルモンの減少は止められないものの、生活を見直すことでふたたびしっかりした毛に戻る可能性があるのです。

Copyright (C) 女性の薄毛対策 女性の薄毛の原因と治療. All Rights Reserved.