女性の薄毛対策 女性の薄毛の原因と治療

女性の薄毛対策 女性の薄毛の原因と治療では、特に女性に関する薄毛に関してのことを案内しています。

女性の薄毛の原因

ホルモンバランスの変化

女性が薄毛になる最大の原因のひとつが老化です。男性型脱毛症は、ときにかなり若い人でもなりますが、女性では病気による脱毛でない限り、若いうちに薄毛が進行してしまうことはそう多いことではありません。では、なぜ老化が女性の薄毛に深く関わっているのでしょうか。

女性の場合は、女性ホルモンと、男性よりはかなり少ないのですが男性ホルモンも分泌されています。女性ホルモンのひとつであるエストロゲンは、髪の毛の寿命を延ばし、抜け毛を食い止める作用があります。何らかの理由でエストロゲンの分泌量が減ると、抜け毛が増えますし、ときには髪の毛の寿命が短くなり、本数が減ってしまうことがあります。この極端な例が産後の一時的な抜け毛です。妊娠中はエストロゲンの分泌が普段より増えるため、普段なら寿命がきて抜けてしまうような毛でも、より長く頭皮にとどまります。産後分泌量が元に戻ると、そういった毛が一気に寿命がきて抜け落ちるので、抜け毛が増えてボリュームが減ったように見えてしまうのです。でも、この場合は抜け毛の量はじきにもとに戻ります。

老化の場合は更年期がきてエストロゲンの分泌量が減ります。老化の場合はエストロゲンの分泌量が元に戻ることはありませんので、結果的に髪の毛の寿命が短くなり、抜け毛が増え、ボリュームが減ったままになってしまうのです。

老化以外にも、何らかの婦人科の病気やストレスによってホルモンバランスが狂い、抜け毛が増えてしまうことがあります。そういった場合は、その病気の治療が必要となります。

Copyright (C) 女性の薄毛対策 女性の薄毛の原因と治療. All Rights Reserved.